対馬エコツアー

国境の島・対馬の中央に広がる浅茅湾でのシーカヤック・エコツアーを提供しています。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 夕陽ツアー | main | 山も海もおやつは「対馬名物かすまき」 >>

蜂洞

2017.02.19 Sunday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

対馬は、ニホンミツバチだけが生息する島です。
対馬の集落の山裾に、対馬在来の蜂を飼うための蜂洞(はちどう)が置かれています。
対馬のミツバチは、『対馬記』(金沢文庫所収)によれば、山林に生息する蜂の巣を

屋敷に移して飼うようになったのが始まりです。

大和朝廷が成立する前の継体天皇在位(507~531年)の時代からです。

そうとう古〜い養蜂なのです。

この島にはセイヨウミツバチはいません。ニホンミツバチ(和蜂)だけしかいません。

 

対馬エコツアーのコース中にカヤックから観察することが出来ます。

文化、歴史を体感しながら楽しむツアーです。

この記事に対するコメント

コメントする









累計(2009/7/16〜)

本日 昨日