対馬エコツアー

国境の島・対馬の中央に広がる浅茅湾でのシーカヤック・エコツアーを提供しています。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Q5.シーカヤックにかかる費用は? | main | Q3.シーカヤックの醍醐味は? >>

Q4.転覆したらどうなるの?

2009.05.24 Sunday
 カヤック用語で、転覆することを「沈する」といいます。
 一般的には、「カヤック=沈する」というイメージが強いようですが、シーカヤックはそんなに簡単にはひっくり返りません。特に2人乗りのタンデム艇は非常に安定しています。とはいえ、沈してしまうと海中で天地がひっくり返ることになり、未経験者はたいていパニックに陥ってしまいます。

 転覆した場合、浸水防止用のスプレースカートの紐を緩めて脱出し、改めてシーカヤックに乗り込むことになりますが、海中でパニックにならないためには、ツアー前のレスキュー講習を真剣に受けていただく必要があります。艇から脱出したら、ライフジャケットによって体が海面に浮かび上がるので、風で流されないようしっかりと艇にしがみついてください。
 あとはガイドの指示に従って艇に再搭乗するか、近くの岸辺に移動して艇に乗り込むことになります。

この記事に対するコメント

コメントする









累計(2009/7/16〜)

本日 昨日